【「カジュアル×アーミー」をテーマに、カッコよさを追求】

ブランディングを高めるためにオリジナルユニフォームをつくる企業さまもいらっしゃいます。今回ご依頼をいただいた外資系企業さまは、ブランディング&プロモーションの一環として、“カッコいいワークジャケット”をご所望されました。

 

理想のイメージは「カジュアル×アーミー」。ワッペンや刺繍加工を施したアーミースタイルにオリジナリティをプラスした、スマートな一着を目指します。

 

今回のポイント

 

➀ “隠しロゴ”を取り入れたデザイン

決定したボディに、もともと加工されているメーカーロゴなどを自然に隠して配置し、洗練された印象をアピール。アーミールックらしい“カモフラージュ感”を演出しながら、遊び心を取り入れたデザインに仕上げました。

 

② コーポレートカラーを意識したパーツ

コーポレートカラーに沿った付属パーツを慎重に選びながら、オリジナリティとデザインバランスを追求しました。また、背面のワッペンと袖のフラップパーツのロゴ刺繍に同版を使えるようにサイズを見直すなど、細部に至るまで念入りに調整を重ねました。

 

 

③ 納品パッケージへのこだわり

アイテムの梱包についても“カッコよさへのこだわり”をご希望いただき、通常の納品時とは異なる包装でパッケージを行いました。イメージ沿った保管用の袋をご用意し、企業ロゴとサイズが印字されたシールを貼付し、納品しています。

 

 

 

 

 

 

本件では、理想的なユニフォームの完成をいちばんの目的として、具体的なデットラインを設けずにじっくりと製作を進めていきました。ご希望のコスト内で、どのようなボディを使用し、どのような加工でスマートさやオリジナリティを演出できるのか。お客さまと密にコミュニケーションを図り、試行錯誤を重ねながらの進行でしたが、WANSIEのモットーである「(お客さまと)共に創る」を実感した時間になりました。

 

納品後、お客さまからは「増産やアップデート版のお話が出た際には、またご相談させていただけると幸いです」というお言葉を頂戴しました。その後、カラーを変更したアップデートバージョン製作のご相談もいただいています。ご納得いただけた一着が、さらにバージョンアップして次の製作につながることを、スタッフ一同うれしく感じています。

   × × × × ×

WANSIE UNIFORMでは、お客さまのこだわりを細部にまで反映し、ご希望に沿ったユニフォームをつくることを使命としています。まずは「こんなユニフォームが欲しい」という理想のイメージを、ぜひお聞かせください。