【お客さまに合わせた、やり取りの方法をご提案】

 

今回は関西地域でお店を構える寿司店からのご依頼です。

開店するにあたりオリジナルユニフォームを検討されている中で、たまたま観ていたYouTubeでテイラードタイプの理想的な白衣を見つけられたそうです。しかし、販売元がわからなかったため、私たちにご依頼をいただきました。

 

デザインに関しては、動画の白衣をベースにWANSIEのアレンジを加える形で進行。何度かやり取りを行う必要がありましたが、メールが得意ではないというお客さまの事情を鑑みて、電話やショートメールを中心にコミュニケーションを図りながら、制作を進めていきました。

今回のポイント

 

➀軽量&耐久性を備えた生地選び

ご要望いただいた生地がデザインにマッチしなかったため、軽量かつ丈夫な素材の選定に注力しました。その結果、機内食工場のユニフォームを製作する際に使用したポリエステル100%の海外生地を採用することになりました。

 

    ②洗練された印象を与える襟元のデザイン

テーラードタイプの襟は、モダンで洗練された雰囲気を醸し出します。シンプルで主張しないスタイルの白衣だからこそ、細部に施されたデザインが絶妙なアクセントを加えます。

   ③無駄な装飾を加えず、清潔感を第一に

直線的なフォルムを意識し、無駄な装飾を排したデザインは、ノーブルな清潔感を感じさせます。寿司店の主役はユニフォームではなく、職人のみなさんが丹精込めて握るお寿司。それを引き立たせるために、白衣のデザインは“シンプルイズベスト”を貫きました。

× × × × ×

 

× × × × ×

今回もタイトなスケジュールの中での進行でしたが、無事にお店の開店に間に合わせることができ、また、理想のイメージを叶えた白衣の仕上がりにお客さまも喜びのご様子でした。その後、女性スタッフ用にも作って欲しいという新たなご依頼もいただきました。

 

熟練のパタンナーを有するWANSIEでは、本件のように、ネットで見つけた動画や画像などからもパターンを起こすことが可能です。どのような形でも結構ですので、まずは理想のユニフォームのイメージをお聞かせください。WANSIE UNIFORMは、さまざまなご要望にもフレキシブルに対応し、ご満足いただけるユニフォームをご提案します!