老舗和菓子店の雰囲気を活かした割烹着スタイル

今回ご紹介するのは東北地方にある老舗和菓子店様からのご依頼。

お菓子の製造販売と喫茶の店舗で着用する、割烹着型ユニフォームを製作してほしいという内容でした。

お話を聞くと、これまでは自店で縫製されていたものの、手が足らなくなってしまったとのこと。

そのため、デザインはお客様の方でご用意いただき、私たちは生地手配から縫製・検品をサポートさせていただくことになりました。

割烹着だからこそ、着用感に注目

 

割烹着は上半身をすっぽりと覆うスタイルなので、においや汚れが下の衣類へつきにくいというメリットがありますが、一方でごわつき感を覚えやすく、体が動かしにくいというデメリットも持ち合わせています。

そこで、私たちは“割烹着の装着感”に焦点を当て、着心地がよく作業に支障が生じない素材をリサーチ。そしてたどり着いたのが、サラリとした肌触りで、ご用意いただいたデザインをさらに活かすことができる、でした。リネンは、耐久性、抗菌性、速乾性に優れ、機能性も充分。和菓子店のユニフォームに使用する生地としては最適だと判断しました。

 

Key points of OEM

今回のポイント

 

①試着を重ねて目指した

和菓子職人の方々の作業シーンを細かくイメージし、動きやすさや着心地のよさを第一に考えました。サンプルでのチェックはもちろん、実際に仕立ててからの生地の素材感を確認しながら試作を重ねていきました。

 

 

②新品から、洗濯後の生地変化も細かくチェック

新品状態ではパリッとした肌触りの生地も、洗濯を繰り返すにつれて柔らかな質感に変わっていきます。本件では試作品から洗濯後の変化を細かく確認しながら製作を行いました。長く使い続けるものだからこそ、生地へのこだわりも妥協しません。

 

③ディテールも妥協しない、袖口は心地よいフィット感に

試着後、という意見をお客様からいただきました。そのため、様々なゴムの種類から選びなおしてお客様が求めていた “きつくもなく落ちてこない絶妙なフィット感”の袖口回りをご提案しました。

 

 

× × × × ×

今回ご依頼を頂いた和菓子店様は、明治時代に創業された老舗中の老舗。
そんな長い歴史を持つお店のユニフォーム製作に携われたことは、私たちにとって素晴らしい経験になりました。
納品後、お客様から以下のようなお言葉をいただきました。
『 春の訪れもあまり心踊らないこの頃ですが、そんな中新しい割烹着でスタート出来ることがとても楽しみです(※一部抜粋・調整)』
2020年以前は春の訪れが待ち遠しいものでしたが、コロナパンデミックにより世の中が大きく変わってしまいました。
そんな中でも、ユニフォームを一新し、新たな気持ちでスタートされるお客様のお手伝いができたことを大変嬉しく思います。
WANSIE UNIFORMでは、今回のようなOEM※からフルオーダーメイドまで、さまざまなご要望にも柔軟・迅速に対応し、ご満足いただけるユニフォームをご提供しています。
まずはお気軽にご相談ください。
※OEM・・・Original Equipment Manufacturer。
本件の例としては、お客様の方でデザインをご用意いただき、それ以降の製作工程を弊社で承ったものです。