AGORA×WANSIE

 

下町情緒あふれる浅草は、言わずと知れた人気の観光スポット。

今回ユニフォーム制作のご依頼をいただいた「アゴーラ・プレイス浅草」は、浅草寺から徒歩7分の立地にあるホテルです。浅草という土地柄、外国人観光客の利用が多く、ホテル内はカジュアルでモダンな空間が広がっています。

「小ロットで、予算に合うところが他社にはなかった」との理由からWANSIE UNIFORMにお問い合わせいただき、「冬季には防寒になるような、オシャレなユニフォームに刷新したい」というご希望を承りました。

ヒアリングを通して見えてきたイメージは「オシャレ×リラックス」の融合。凝ったデザインを追求するよりも、シンプルな組み合わせでニュアンスを醸し出し、ホテルの内装にマッチした“親しみやすさ”を打ち出すことにしました。

 

 

Key points of Design

デザインのポイント

 

①モード感のあるコートジャケットスタイル

ホテルスタッフとしての清潔感を保ちつつ、ドロップショルダーでヌケ感を演出しフレンドリーな印象をプラス。インナーダウンを着用してもスタイリッシュに見えるシルエットにしたことで、デザイン性と防寒性を両立させました。

②バンドカラーシャツで柔らかなニュアンスを

コートジャケットの襟とのバランスを考慮し、インナーには襟のないバンドカラーシャツをチョイス。男女ともに着こなしやすく、柔らかなニュアンスをアピールします。また、簡単にロールアップできるように袖にはボタンを設け、長袖と7分袖の2WAYで着られるよう工夫しました。

③ウエストギャザー&ストレッチ素材で業務効率アップ

スタッフの作業内容をヒアリングし、動きやすさを叶えるために、ウェストギャザー&ストレッチ素材のラインパンツをご提案しました。デザイン面では伝統的なホテルスタイルである「ベルボーイ」のニュアンスを取り入れつつ、内装のキーカラーであるライムグリーンとのバランスを考えました。

 

× × × × ×

 

最近は地方のお客様が多いため、どうしてもメールや電話でのやり取りがメインになっていました。しかし今回は都内のお客様ということもあり、何度も現地に足を運び、ヒアリングや微調整、サンプル確認を行いました。
対面でお話することは、細かな部分のご意見がいただきやすく、齟齬のないコミュニケーションが図れます。また、実際にユニフォームがカタチになっていくにつれお客様の笑顔が増え、その様子を見た私達も自然と笑顔になります。そんなやり取りのシーンがとても印象に残った案件でした。
ものづくりにおいて、お客様とのコミュニケーションは非常に重要です。WANSIE UNIFORMでは、お客様にとって効率のよい方法で、綿密かつスムーズなやり取りを心がけています。「ユニフォーム制作は初めてだから不安」「忙しくて指示やチェックが面倒」という方も、まずはお気軽にご相談ください。

 

[AGORA]×[WANSIE]

 

【SHOP DATA】
アゴーラ・プレイス浅草
http://www.agoraplace-asakusa.com
住所:〒111-0042 東京都台東区寿2-2-9
電話番号:03-3842-8421