運送会社のイメージを変える、洗練されたスタイルに

 

インターネット通販が隆盛するいま、運送業の需要も高まっています。
今回ご依頼をいただいたのは、運送事業を展開する企業さま。ベンチャーらしい新進気鋭のスタイルで、「運送会社のイメージを覆すようなユニフォームを製作したい」というご相談を受けました。その理由の一つには、ユニフォームで競合他社との差別化を図り求人につなげたいという狙いもあったようです。

お客さまの理想像とオリジナリティの両立

一般的な運送会社のユニフォームは、作業ジャケット、ポロシャツ、作業パンツといったワークスタイルが主流です。それらの機能性をキープしつつ、洗練さやモード感をどのように加えるかが課題でした。
具体的なデザインに関しては、お客さまの理想に近い参考画像をいただいていたので、そのイメージを崩すことなく、かつオリジナリティを両立できるような提案・製作を意識しました。

 

Key points of Design

デザインのポイント

 

①黒×白をベースにしたスポーティーなスタイル

アスリートウェアのような軽快なシルエットと、黒×白のクールなカラーリングが、運送業のイメージを覆す“かっこよさ”を演出。背面中央に大胆に施したロゴと、裾部分に配置した企業スローガンもデザインのアクセントに貢献しています。

②動きやすさを意識した高機能素材

運送業は体を動かすハードな業務なので、動きやすさを追求したストレッチの利いた生地をセレクト。汗をかくことも多いため、汗を表面に逃してスピーディーな蒸発を促す「吸汗速乾」に優れた素材を探し出し、ご提案しました。

③“作業効率アップ”を叶える細部への工夫

配達の際、サインのお願いや伝票を書き込むシーンが頻出するため、トップスの左肩部分にペン差しを配置し、取り出しやすさを実現。さらに、ポケット内側の生地には、ナイロンの7倍の耐久性・撥水性を持つと言われる「CORDURA」の生地を採用。ポケットに入れた伝票が汗で蒸れて印字が読めないという事態を防ぎます

 

 

× × × × ×

運送業という、まさに体が資本となる職業柄、ユニフォームが担う役割はとても重要です。そのため、スタッフさまの実際の業務を想定し、作業効率のアップやストレスの軽減を意識しながら素材やデザインの提案を行いました。
その結果、サンプルを通常よりも多く製作し、時間をかけて資材選びやパターン作成・修正に取り組みました。
デザインに関しては、お客さまの中にしっかりとした理想のイメージがあったので、そこに近づけるように尽力しました。納品後、お客さまから「かっこいいと言われる」「求人につながっている」とのうれしいお声をいただき、私たちも、この上ない達成感を覚えました。
WANSIE UNIFORMは、お客さまの業務内容を理解し、それに合わせた最適なユニフォームのご提案を行っています。まずはお気軽にご相談ください。