東京の三河島駅すぐ近くに、可愛らしい小型犬と3人の女性スタッフが出迎えてくれる
「idoya」というエステ併設の理容室があります。
今回は、その理容室の店舗で使用するスタッフエプロンを製作させていただきました。
当初は完全オリジナルでというご相談でしたが、ご予算的に難しいという判断になり、
既製品をカスタムしたオリジナルユニフォームをご提案させていただきました。

お客様が好きな素材や色の既製品からチョイスしたのは、合皮のレザーエプロン。
ネイビーとグリーンの2色ボディに、弊社のグラフィックデザイナーがオリジナルの
ロゴデザインをいくつか提案し、特殊プリントを施す方向で決まりました。
合皮のレザー素材(PVC)へのプリントは難しいのですが、弊社提携のプリント工場は
様々な加工方法で提案することができます。

グラフィックは老舗の床屋をイメージしたクラシカルかつトレンド感もある書体で、
母の代から続く1969年のワードをいれたロゴデザインに最終決定。

このような既製品にオリジナルのグラフィックデザインをおこしたり、専属のスタイリストが
スタイング力でカスタムユニフォームのご提案ができることもWANSIE UNIFORMの強みです。

 

IDOYA
http://www.idoyastyle.jp/
東京下町日暮里の隠れ家的サロンです。まるで実家に帰ってきたかの様な雰囲気が漂う、気取らないアットホームな理容室です。女性スタッフ3人があなたの髪質をありのままいかしたヘアースタイルをご提案してくれます。