より軽量で店の内装に馴染むエプロン作り

以前エプロンと三角巾をご依頼いただいた宮崎県の野菜と水餃子の「Booza」様から、再びイベントにあわせて新しいオリジナルエプロンを作ってほしいとリピート発注いただきました。
今回も2か月後にせまったイベントに間に合わせる納期のため、早速スタッフや店長から新作エプロンに求めるデザインと機能性などをヒアリングし、そこから引き出した答えは大きく以下のリクエストでした。
 
 
 

①粉汚れが目立たないよう白いカラーを基調に、内装にも馴染ませたい。
②しわになりにくいポリエステル混合生地にすること。
③引っ掛かりにくいポケット位置にすること。

これら条件を満たし、新たにご提案したエプロンは疲れにくい割烹着タイプ。
ノースリーブで首元を深めにしたことで、極限まで軽量感を追及。
ポケットは手を入れやすいよう斜めに配置し、今回のシンプルなエプロンデザインのポイントに。
また、生地にはたて糸の密度がよこ糸の2倍ほどもあるポプリンを選び前回のリネン素材とは違う風合と、耐久性も高めました。

ポプリンは丈夫でやわらかさが特徴的な生地のため、シャツだけでなくエプロンにも最適な素材です。

春の日差しにもよく似合う割烹着エプロンの仕上がりに、スタッフさんからも喜びのお写真が届きました。
 



<ご提供したアイテム>エプロン、三角巾

SHOP INFO: Booza 様 
http://www.booza593.com 
宮崎県は宮崎市にあるごはん屋さん。地元の食材を中心に、 手作りで皮から作る水餃子と、新鮮な野菜を使った料理が大人気のお店です。